経営・技術コンサルタント
ニュートンズアイ
Eメールでのお問合わせはこちらから
 クルマ関係の商品開発・技術支援

(1)クルマの開発・製作支援
モーターショー モータスポーツ車
モーターショーカー、特殊車両、研究開発試験車、モータースポーツ車の製作支援は、 日本・イタリア・米国・中国で行っています。長い付き合いの多くの技術者たちとチームを組んで行います。1995-現在


(2)マイクロEV
マイクロEV1  マイクロEV2
中国でアセンブリーやシステムを生産し、日本の工場で組立てるなど、開発から生産・販売まで、いろいろな方法をご説明し、十分な機能・品質・信頼性の商品になるようご指導を行います。2014-現在


(3)自動車技術マネジメント・教育
自動車新技術 自動車新技術 新技術について、他社製品の分解調査や新技術の開発を支援を行います。これらのレポーティングを毎月実施しています。問題解決の進め方、技術報告書の書き方などの研修も行います。自動車技術の基礎教育、最新技術の教育、講演なども行っております。 2012-現在


(4)イタリア・トリノのデザイン作業
イタリアトリノ
イタリア・トリノやミラノで、多くのクルマのデザインモデルやモーターショーカーの製作に携わってきました。 日本・横浜のデザインスタジオやモデルメーカーとも多くの繋がりがあり、スケッチ、CAS、1/5モデル、1/1モデル、走行モデルなどの推進・マネジメントをお受けすることも可能です。 2005-現在


(5)中国のEV (電気自動車)
EV車 EVスタンド
中国はPM2.5環境汚染の改善のため、2010年からEVの開発が国をあげて進めてきました。この多くのEV開発に、日本の親しい関連企業に協力を依頼し、現地開発に参加しました。現在、中国には世界で最も多くのEVが走り、環境も少しづつ改善されています。北京ではEVの多くはタクシーやレンタカーに使われています。現在も中国を訪問し、自動車開発支援をしており、合わせて環境やクルマに関連する中国の「いま」を調査・分析し、報告しています。 2012-現在

(6)3Dプリンター
3Dプリンター
特殊な製品を作り出すために、3Dプリンターを保有しております。 この3D-CADや3Dプリンターの使い方について、多くの地域や教育機関で講習しています。このための数値モデル製作、実際の3Dプリンターのでのモデル製作もお受けできます。2013-現在

(7)ロボットカー・ドローン
ロボットカー ドローン
これらは企業での研究材料にもなりますが、学校での科学技術の学習には大きく貢献します。中国ではオバマ元大統領が提唱したSTEAM教育に使われています。そのためこれらを入手し、調査・研究を行い、これを元にした執筆、教育、技術提案を行っています。


 トップページ > 業務案内 経営コンサルタント
  自動車開発コンサルタント
  プロモーションサービス
Topics
岸宣仁著「「電池」で負ければ日本は終わる」(早川書房)は 経済ジャーナリストである著者が、電気自動車用リチウム電池 について、関係する経営者や技術者のコメントを元に、日本に おけるこの電池の先進開発の重要性を訴えています。
※クリックで拡大します。
※クライアント企業名等一部伏字にさせて頂きました。
当社の技術担当部長・山本のコメントが5ページに渡って掲載されていますので、ご紹介致します。



コンサルティング活動の一部が
WRC plus誌、PRESIDENT誌で紹介されました。
※クリックで拡大します。
※クライアント企業名は伏字にさせて頂きました。





株式会社ニュートンズアイ
〒444-0201
愛知県岡崎市上和田町切戸20
ケントスクエア2-B
Tel0564-71-3988
Fax0564-54-7472
Eメールでのお問合わせはこちらからsupport@newtons-eye.ne.jp
  

  <弊社グループ事業>


 中小企業診断士2次受験機関
     AAS名古屋